バス停が!

昨夕、東京帰りの高速バスで驚きの大失敗!!

酔っぱらっていた訳でも、寝過ごした訳でもないのに、降車予定の停留所(大栄)を通過してちょっと経ってから、バスが停まらなかった事に気づく。

急いで運転手さんに「どこでもいいので降ろしてもらえませんか」とお願いしたものの、やっぱり無理ですよねぇ。「国で決まっているから」とやんわり断られました。

今まで同じバス停に降りる誰かさんがボタンを押してくれてたんですね。今日は降りる人がいないことに気付かなかった。なんてのんきな自分。

近くに民家もお店もない次のバス停(栗源)で降りるか、終点の銚子まで行って車は諦めて電車で帰るか。究極の選択。

とりあえず次のバス停で降りることに決めて、10km歩いて車が停めてあるバス停に戻るか、タクシーを呼ぶか、どっちかだよね。里山のなんにもないところって、どこからタクシー来るんだろう。いったいいくらかかる???

考えても仕方ないことをあれこれ考えながらバスを降りるとき、運転手さんが乗り越した200円をおまけしてくれました。優しい✨ 一緒に降りたのは20代のかわいい女の子ひとり。迎えの車を呼んでるみたい。いいなぁ。

まだ明るいのでとりあえず歩き始めたんだけど、すぐに台風の風にあおられて今朝買ったばかりの傘が壊れちゃった。喪服着て傘ささずに歩くなんてドラマじゃないんだから~!とひとりで突っ込みつつ歩いていると、ドラマみたいな展開が!!!

彼女を迎えに来た彼氏くんの車が私の前で停まって、「大丈夫ですか、家まで送りますよ」って。

恥ずかしいし、遠慮したい気持ちでいっぱいだったんだけど、もうそんな余裕もないので有難く車に乗せてもらい、乗り過ごしたバス停まで送ってもらうことにしました。

「これ、歩いたら結構な距離ありますよね、台風だし」「ほんと、明日になっちゃうところでした」なんて笑いながら話しに付き合ってくれる爽やかなカップルで、本当に有難かった。

私が逆の立場だったら同じことができたかなぁ。

子ども達に心配かけないで生きて行こうと思うんだけど、なんだか全然ダメなんだよねぇ。しっかりしなくちゃ。

娘に話したら「お母さん大丈夫?」って真顔で心配されちゃった。信行さんなら呆れるよね、きっと。

こんなとんでもない話、最後まで読んでくださりありがとうございました(笑)。

以後気をつけます。
2018-07-29(Sun)
 
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR