福島県立博物館

先日会津若松に行ったとき、行きたいと思いながら
一年半も行かずにいた県立博物館に行きました。

奥会津大学の考古学と民俗学の講師として
博物館の方がお見えになったことがきっかけに。

「いつか」じゃなくて「すぐに」行かなくちゃ
いけなくなっちゃうな、と思ったのです。

10251.jpg

秋の企画展の会津の寺宝 
-会津仏教会創立100周年記念-
すごくよかったです。

国宝の一字蓮台法華経開結共は、とても綺麗で
ため息が出ました。撮影禁止で残念!

ほかにも、仏像や宝物、古文書などが
展示されていました。
あぁ、仏像好きの姉に見せたかった!

10252.jpg

常設展も見ごたえがありました。
原始時代から現代までが展示してあります。

10255.jpg

考古学で学んだばかりの縄文・弥生時代。
今まであまり興味のなかった分野ですが
とりあえず説明を読み、じっくりと眺めました。

10259.jpg

こちらは国指定重要文化財の三角縁神獣です。

10256.jpg

近世の農具や雪国の民具など。

10257.jpg

先日只見町の資料館で見たものも多く感激。

10258.jpg

来年の大河ドラマ「八重の桜」コーナーも
ありました。日曜日の夜、見てみようかな。

10254.jpg

会津地方にお世話になっているのも何かの縁。

会津三十三観音巡りの話を聞き、
私も観音様に会いに行きたくなりました。
2012-10-31(Wed)
 

七日町散歩

先日ちょっと時間があったので
会津若松市のJR七日町駅前通りを歩いてみました。

車では何度も近くを通っていますが歩くのは初めて。

P1000789.jpg

七日町駅には駅カフェがあります。
店内は会津17市町村のアンテナショップになっており
名産品物販スペースがきれいに並べられています。

P1000791.jpg

駅前通りには大正ロマンの雰囲気たっぷりの
レトロな街並みが並んでいます。
会津木綿や漆器、絵ろうそく、駄菓子屋など
建物も店内も素敵です。

P1000800.jpg

通りをちょっと入ったところにある常光寺。

P1000796.jpg

めぐりあい観音に参拝しました。

P1000797.jpg

会津にお世話になって1年半ですが
町を「歩いた」のは初めてです。
いいろころですねぇ~♪

これから大河ドラマ「八重の桜」が始まれば
観光客も増えて、町に活気が出てきますね。


若松に住んでいる父は、毎日平均一万歩、
一週間で7万歩も歩いています。

血糖値も大変よくなり、糖尿病の担当医からも
褒められているようです。

埼玉の母もウォーキングの仲間と出かけて
タウンウォッチングを楽しんでいるようです。

私も車ばっかり乗っていないで
健康のためにも歩こうと思います。

って、もうすぐ、雪のシーズンになっちゃうけど(笑)。

2012-10-25(Thu)
 

民俗学

24日の水曜日、奥会津大学に行ってきました。

案内人養成コース 民俗学

奥会津に生きる人々の暮らし
~ 民具が語る奥会津の暮らし ~

講師は福島県立博物館の専門委員
民俗学専攻の佐々木長生さんです。

102411.jpg

午前中に奥会津の暮らしについて講義を聴き、
午後は実際に民具が保管してある資料館へ。

佐々木先生は只見町史の民俗編の調査・執筆を
されており「只見に来るとワクワクする」
という大の只見好き。

民俗学じゃなくて民俗「楽」じゃなくちゃ!
というダジャレ好きの素敵な先生でした。

1024.jpg

「すべての民具に戸籍がある」という表現を
されていましたが、保管されている民具は棚に
整然と並べられ、いつ、どこで、どんな風に
使われていたか説明が書いてあります。

ほかの地域の人が「こう使ったのではないか」と
想像したのではなく、地元の人々の手で説明が
書かれていることに価値があるそうです。

10242.jpg

102412.jpg

こんな風に保管されているのは県内でも
只見町だけだそうです。只見町民の手で、
これらの民具が国指定の文化財となりました。

保管してある民具の一部を紹介します。

続きを読む>>

2012-10-24(Wed)
 

絵本

小さいころは本を読むより外で遊ぶ方が好きで
あんまり「本が好き!」ではなかったのですが

子どもが生まれて、一緒に絵本を読むようになって
ずいぶんとたくさんの絵本に触れました。



朝刊で見つけたいわむらかずおさんの絵本原画展。
私の大好きな絵本作家です。

特にねずみの大家族が自然と共に生きる
「14ひきのシリーズ」がかわいくて好き。
心がほっこり温かくなるんですよね~♪

福島市の中合なんて自力で行けるのかしら?
行ってみたいなぁ・・・。


同じく朝刊の論説で
大熊町の読書活動が取り上げられていました。



全国出版協会の第六回高橋松之助記念
「文字・活字文化推進大賞」に選ばれたそうです。

大熊町では読書推進活動に力を入れ、
図書館も充実していたし、大人向けの講演会も
よく開かれていました。

子どもが小さいころにはよく
「おひざに抱っこのおはなし会」に通い、

長女が小学校入学してからは、
今度は読み聞かせボランティアとして
小学校で活動していました。

仲間に恵まれ、本当に楽しい6年間でした。

中学生のふたりはすっかり「本」とは離れて
いますが、いつかまた読書の楽しみを思い出して
ほしいなぁ・・・と思います。






2012-10-20(Sat)
 

縄文の風を感じに

奥会津大学案内人養成コース
第7回 テーマ「考古」
生命(いのち)のものがたり ~縄文を歩く~

遺跡15

講師 福島県立博物館専門学芸員 森 幸彦さん
金山町のこぶし館集合です。

遺跡16

ここには縄文文化からの民俗資料展示室あります。

遺跡17

この辺りに地形や歴史などの話を聞いてから
遺跡のフィールドワークに出かけました。

続きを読む>>

2012-10-17(Wed)
 
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR