Sweet 23



今日は、大好きな三瓶夫妻の結婚記念日でした。

おじゃま虫かな…と思いつつ、ゲンキとふたり、一緒にお祝いしてきました。

お二人の出会いの秘話を聞いたりして、ちょっとうらやましいような・・・
楽しいひとときを過ごしました。
2011-04-30(Sat)
 

春が好き



只見中学校の授業参観とPTA総会がありました。



廊下に貼ってあった娘の詩。ちょっと安心しました。

2011-04-28(Thu)
 

自転車



知り合いの方に自転車やヘルメットを譲っていただき、行動範囲が広がりました。
2011-04-27(Wed)
 

セミナー参加

うつくしまふくしま農業法人協会のセミナーで郡山に行ってきました。

「農畜産物への風評被害等に対する損害賠償への備えと今後の対応について」
という演題です。12日に避難してから初めてセミナー参加です。

弁護士の磯井美葉さんの講演を聴いた後、(社)日本農業法人協会や福島県農業会議から
情報提供してもらいまいた。


講演後の質疑応答で大変な状況で農業経営をされている方の声を聞き、
テレビや新聞で見るより、とてつもなく大変な事態になっていることを知りました。


原発から30.6kmの(株)伸ちゃん牧場の長谷川さん。
1000頭の牛は、30km圏外の最も危険な場所にいることとなりました。
計画的避難区域で5月末までに避難しなければならない川俣町㈲夢農園の菅野さん。
種まきしたばかりの花、ハウス、そしていつ戻れるか分からない中での雇用問題。

事故直後にお中元、お歳暮のキャンセルがデパートから入ったこだわりの果樹農家。
県北で放射線汚染は確認されていないのに。
出荷制限に入っていない野菜が、福島県内外で取引先に次々とキャンセルされている事実。


話を聞いていたら、泣いても仕方ないのに、涙が出るし、
くやしい気持ちでいっぱいになりました。

今回の原子力発電所の事故では、風評被害、放射線物質被害、
出荷制限による損害、避難により生じる費用や雇用の問題など、
地域や経営形態によってさまざまな損害が発生しています。

原発事故との因果関係を証明するために、
それぞれの農家が勉強しなければなりません。



私が住む大熊町では、東京電力との因果関係が明確です。
たとえ、住む場所や農地を失ったとしても、
裁判をせずに国や東京電力からの補償が受けられることが予想されます。

今は何もできないけれど「大熊町」にいたというだけで、
ほかの地域で農業をしている人たちより、
精神的にも、肉体的にも、経済的にも、ずっと楽をしているのです。

選択の余地もなかったけれど、悩む必要もない。


「大熊はいいべ」

ずっしりと重い言葉でした。



原発の事故により直接被害を受けた地域はもちろんですが
その周りの地域でたくさんの人々が苦しめられ、大変な思いをしています。

この現実をしっかりと受け止め、考えなくてはなりません。



セミナーに参加されたNHK解説委員の合瀬(おうせ)さんもおっしゃっていましたが
やっぱり生の声を聴かなくちゃいけません。


私たちに出来ることはなにか。私たちにしかできないことはないか。
考えながら行動したいと思います。
2011-04-26(Tue)
 

しらす丼

さんべ家の弟さん一家から、レシピつきのシラス  が届き、
朝ごはんにガッツリいただきました。





湘南では、毎年3月11日がシラス漁の解禁日なんだそうです。
今年は大変な日になってしまったけど、近々送りますよ、
と先日お手紙をくださったので、内心楽しみにしていました。

ゴマ油と海苔がポイントみたい!

すごーくおいしかったです。久美子さん、ごちそうさまでした。
2011-04-25(Mon)
 
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR