足の裏のお話

猛暑のとき、一ヶ月半くらい雨が降らなくて、
幸水の収穫が始まって1週間くらいたったころ、
いつも「ふかふか」の畑の土が、硬くなってきたなぁ、と父が話していました。

普通はこんな土になると、梨の味や肉質に影響がでるようです。

にもかかわらず、今年はたくさんのお客さまに、
「いつも以上おいしかった」と喜んでいただいています。
これって、普段からの土作りのお陰のような気がします。

土の中の根っこの部分に、干ばつに耐えるだけの「力」があったようです。

土自慢の我が家でも、この「硬くなった土」はなかなか元にもどらず
9月6日に久しぶりに雨が降り、その後時々雨が降るようになって
そこから10日かかってやっと「ふかふかの土」に戻ってきました。

一昨日父が「足裏の感触」で感じたようです。

根っこまで水が届き、根っこの先に新たに出てきた細い根から
水分を吸収していくそうです。

目には見えないところで、がんばっているんですね。
この気候で梨の木もすごく疲れたんだろうなぁ、と思います。

人間みたいにしゃべらないけど、木と会話しながら梨を育ててるんだなぁ
と感じた、じーちゃんの足の裏のお話しでした。

2010-09-23(Thu)
 
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR