納骨

8月10日付
河北新報(仙台)の朝刊に掲載されました。

記事はこちら


_20180810_172054.jpg

現在の大熊町の様子が少しお分かりいただけるでしょうか。
よろしかったらお読みください。


2018-08-10(Fri)
 

ただいま

家に帰ってきました!

心地よい疲れです。友人からお供えにいただいたビールで乾杯🍺

37663800_1591515777638049_4522641974762668032_n.jpg

今日は息子がすごく頼もしくみえた。

DSC_2955.jpg

娘二人もがんばった!

家族と友人に支えてもらい、心に残る最高の一周忌&納骨になりました。

DSC_2956.jpg

DSC_2960.jpg

遠路はるばる来てくれたかわいい甥っ子姪っ子たち。両親、兄弟姉妹ありがとう。隣組の方にも会えて嬉しかった!

02.jpg

魚平の智洋君、おらほやの横田さん、河北新報の川村さん、バスの運転手さん。お力を貸してくださりありがとうございました。

心から感謝致します。

あ~
ほんと、よかった😄

2018-07-22(Sun)
 

開園記念樹の今

今日の開園記念樹。

37731935_1591216124334681_7154454889865674752_n.jpg

ジャングル化。
草をかき分けてやっとたどり着いた記念樹。

37625941_1591216171001343_7486676408417124352_n.jpg

生きてる。
ピンポン玉くらいの梨が実ってる。

37633058_1591216277667999_2053593816073502720_n.jpg

そこに梨畑があると分からないほど草で覆われている。

37642110_1591216341001326_4954773602374254592_n.jpg

この写真は10年前の2008年6月1日に撮ったもの。

P20080601.jpg

バックに阿武隈山地が映る梨畑は、大好きな風景だった。

2018-07-22(Sun)
 

おらほやで昼食

昼食は6/26にオープンしたばかりの楢葉町のここなら笑店街。
そのなかに「食事処 おらほや」さんがあります。

信行さんの友人、店主の横田さんにお世話になりました。
本当は日曜日定休だったのに、無理やりお願いしちゃいました。

しかも、お店にいっぱいいっぱいの団体で!

昨年の8月、梨を届けた時に、横田さんから心のこもったお手紙をいただきました。

震災後に新しい土地で起業した二人には通じるものがあったのだと思います。信行さんのことを大切に思ってくださっていることが、文面から読み取れました。

そんな横田さんのところで、大事な日のお昼がいただけて、とても嬉しかったです。

37599744_1591016871021273_1136895246458683392_n.jpg

私の不手際があったものの、道中は順調で予定より早く昼食会場に着きました。

時間調整のため、マイクロバスを海辺へ走らせ、楢葉町の天神岬スポーツセンターでひと遊び。小さい頃、よく遊んだ公園です。

37625936_1591016941021266_4843388547585015808_n.jpg

最初はゆったりと海を眺めていましたが

37592914_1591016997687927_4707610084304224256_n.jpg

ゆっくりと歩き出す大人な男子チームとは違い

37592599_1591017184354575_2308307830815326208_n.jpg

ガチで遊びだす女子チーム。

37586965_1591017054354588_3016429757605609472_n.jpg

楽しそう!

37629823_1591017134354580_542531661716258816_n.jpg

展望台からの眺めはどうだったかな。私は暑くて日陰に避難していました。

37574462_1591017264354567_7956825213927161856_n.jpg

ひと遊びして、ご飯を食べて、いよいよ大熊に向けて出発しますよ!

それにしても暑ーい!
2018-07-22(Sun)
 

2017年6月19日

昨年の6月19日、最後に一時立ち入りしたときの写真です。

37594890_1590798107709816_1645540045706231808_n.jpg

樹齢100年以上となる梨の開園記念樹に抱きつく信行さん💛
どんな気持ちで抱いていたのかな。

彼は曾祖父が開墾した梨農家の四代目です。

ご先祖様から受け継いだ梨の木を、そのまま置き去りにして私たちは避難しました。

我が子のように育てていたのにね。
夫や義父の気持ち、私には想像できない。

原発事故後6年以上手入れされていないのに、昨年はそれでもまだ生きていた。
梨の生命力は素晴らしいなぁ。

一年ぶり。まだ、元気でいるかな。
2018-07-21(Sat)
 
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR