スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

春子ファーム

今日はお隣の東庄町にある春子farmへ。

44606292_1713650732091219_9042491640962351104_n.jpg

園主の宮本春子さんは農薬や肥料を使わずにお米を育て、ベジランチの古民家カフェを開いています。

44416422_1713650788757880_1804415107938123776_n.jpg

一昨日会津の山々を眺め「あ~福島はいいなぁ」って思ったところだけど、

今自分の住んでいるところにも素敵な風景がたくさんありますね。嬉しいなぁ。

44385032_1713650835424542_5818561748315144192_n.jpg

マコモダケのてんぷら、おいしい!人参の葉っぱ、シャリシャリ。

44389149_1713651078757851_7548850711476305920_n.jpg

甘糀にお酢を入れるとヨーグルトっぽい飲み物に✨

44504874_1713651032091189_1041355172132945920_n.jpg

食後のスィーツ。甘糀を使いお砂糖を減らした米粉のケーキ。

44477848_1713650905424535_1274320971431411712_n.jpg

できたて納豆と醤油糀。

44384154_1713650958757863_3393130988266586112_n.jpg

田んぼの端っこのマコモ畑。

久しぶりに春子さんとおしゃべりできて楽しかった!
一緒に行った農家の友人もたくさん刺激を受けたようです✨

今後が楽しみ🎵
スポンサーサイト
2018-10-20(Sat)
 

親業訓練講座

親業訓練パートⅡ講座、今日が第3回。
相棒のももえちゃんがお休みでちょっと寂しい。

44032184_1707166872739605_8911288700831268864_n.jpg

長女が中学3年の時に一般講座を受け、即実践しながら、子供達にたくさんことを教えてもらった感じです。

今春、二女との二人暮らしが始まり距離感が心配で、パートⅡ講座の受講を決意。節目節目でテキストを読み返してきたけど、最初に講座を受けてから5年の月日がたっていてビックリ🌀

パートⅡ講座は、自分の子育てを見直し、親との関係にも目を向けていきます。

自分のライフワークと感じた看取り学とビジュアル分析学と重なる部分が多いので、「うんうん」て納得しながら進んで行くのがおもしろい。

この3つの学びを柱にして人生の第3ステージに進もうと思います✨
まだスタートラインに立ったばかり😊
2018-10-15(Mon)
 

週間ポスト

大学の先生の話とか、新聞に載ってたよとか、
そういうのに弱い部分てありませんか。

私の父は、特に大学の教授とかお医者さんとか、肩書がついていると反応が違います。

「がんばらない」の著者、諏訪中央病院名誉院長 鎌田 實先生が「看取り士」のことを特集で書いてくださっていたので、切り抜きを父に見せました。

週刊誌ってなんかイメージ悪くて、手に取ることはほとんどないんだけど、勇気を出して買ってみてよかった(笑)!




記事の一部分がYahoo!ニュースに載っていますので、ぜひお読みください。

42625081_1685159604940332_1685117851511291904_n.jpg
2018-09-27(Thu)
 

全国大会

9/16に『第5回 日本の看取りを考える全国大会』 に参加してきました。

お母さん、全国大会なんてすご~い‼️

予選トーナメントを勝ち抜いたわけではないんだけど、全国大会て響きがいいよね(笑)

昨年信行さんを看取り、両親4人の老後を考える身としては、看取りは大変身近な問題です。

でも、看取り士っていったい何?

そこで、
「私は看取り士です✨」

42285047_1679393732183586_1263578601094119424_n.jpg

って名刺代わりに渡せる本が間もなく発売になります。
まずは兄弟姉妹に配ります(笑)!

週刊ポストで看取り士のことが取り上げられました💛
記事はこちら

今日参加した「食と命の教室」でも、講師の高柳さんが「死に方を考えなくちゃだめだ」とおっしゃっていました。

42266885_1679394072183552_3949560300864274432_n.jpg

農薬を使わずに育てたお米。

42318074_1679394185516874_7974043810831269888_n.jpg

高柳家のみなさんが用意してくださったお昼ごはん。

42326754_1679393988850227_7202570064157999104_n.jpg

榎木孝明さん主演の映画「みとりし」も来年全国公開されます。こちらも楽しみ✨

2018-09-22(Sat)
 

看取り士

「看取り士」てどんなことするの?

と友人に聞かれることが多いのに、
きちんと説明できずにいます。

アウトプットできるようにならないと、
「看取り士」という言葉が
きちんと理解されないですよね。

「やってみたい」と思うとわりと考えずに
見切り発車のように進んでしまうので、
養成講座を終えても未だ理解できておらず、
課題のレポートを書いたり、
会長の著書を読みながら勉強中です。

看取り士養成講座を一緒に受講した
看護師の女性は、

「6日間も音信不通になるなんて、
今の世の中で考えられない」
「へんな宗教につかまったのではないか」

と旦那様に心配されたそうです。

「看取り」は文字通り、旅立つ人を看取ること。

私は昨年の夏、腕の中で夫を看取りました。
それからしばらくして「看取り士」という
言葉を初めて耳にしました。

全ての人が最後の時に愛されている
と感じて旅立てるような社会を作るため、
本人や家族が安心して過ごせる環境を整え、
穏やかな時間を過ごせるようその傍らに
寄り添ってサポートをするのが看取り士です。

私が看取り士になろうと思ったのは、
夫との最後の時間が今の自分の
支えになっていると感じているからです。

「人は旅立つとき、25mプール529杯分を
瞬時に沸騰させるほどのエネルギーを、
縁のある人に渡していく」

と瀬戸内寂聴さんがおっしゃったそうです。

私は夫が亡くなったときに、そのお話も
看取り士の存在も知らなかったのですが、
夫のエネルギーをしっかりと
受け取ったように感じました。

だからこそ今、
こうして生きていることができています。

人生を終え旅立つ人のためだけでなく、
残された人がこの先もしっかりと
生きて行くために、最後の
とっておきの時間は大切です。

そのことを少しずつでも
お伝えできたらいいですね。

看取り学については勉強中で、
まだ語れることがありません。

詳しくは一般社団法人 
日本看取り士会のホームページをどうぞ。
2018-09-11(Tue)
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。