珍客

ワイルドな梨畑なので、
いろんなお客さんが訪れます。

18119418.jpg

作業中は気が抜けません!
2017-04-28(Fri)
 

花の時期の過ごし方

先日、仙台にある河北新報社の
川村記者が取材に来てくれました。

収穫を迎える秋まで、
何度か足を運んでくれます。

信行さんの梨栽培の話に興味津々。

18034050.jpg

イメージされていた梨農家と異なることが多く、
いろいろびっくりされていました。

そのなかのいくつかを紹介します。

★梨畑の草を腰たけまで伸ばす。
★授粉作業は虫まかせ。
★咲いてる花をどんどん摘んでしまう。
★11月まで梨の収穫がある。
★冬~春に梨が食べられる。
★裁判品種が現在の8種からどんどん増える予定。
★1.5ヘクタールの畑を二人で作業。

などなど。

18119534.jpg

花の季節には満開の梨園をイメージされる方が多いですが
フルーツガーデンは梨の花がまばらです。

春先から「蕾」「花」「果」を摘んでいるので
まず梨園全体の花の数が少なくなっています。
それと、品種によって開花の時期に差があるため
多品種を栽培することで一気に満開にならないようにしています。

忙しい時期を作らないことは、
農作業をする上で大きなポイントになります。

18157008.jpg

以前は人工交配をしていたので
花粉つけの時期は準備も大変で
気温と天気を気にしながらの作業でした。

花の時期は一年の中で
最も神経を使っていたような気がします。

でも、今の畑は自然交配ができるので
花の時期の作業の山場がなくなった感じ。

もう、それだけで幸せです。

基本的に虫は苦手ですが、
授粉作業をしてくれる訪花昆虫に感謝せねば (*´∀`)♪
2017-04-27(Thu)
 

ねっか

結婚して埼玉県から福島県の大熊町に移ったとき、
海の幸も山の幸もあって、四季が感じられて、
すごくいいところだなぁと思いました。

18010051.jpg

大熊町を離れ只見町に住んで、
同じ福島なのに全然違った四季があって、
これまたいいところだなぁと思いました。

福島を離れて千葉県の香取市に住むことになって、
多少便利になりました。

それでも、里山で仕事をしているので、
ここでも四季を感じることができ
なかなかいいなぁと思っています。

只見生まれ只見育ちの米焼酎「ねっか」が
お披露目になりました。

タラの芽の天ぷらとねっかのロック。
焼酎好きの信行さんもご機嫌です🎵

清志さん、やえさん、ねっかの誕生おめでとうございます。
とっても美味しいです(*´∀`)♪
2017-04-21(Fri)
 

たけのこごはん

隣の竹やぶにタケノコ掘りに行ったら、
タケノコいっぱいとれました!

17952831.jpg

今シーズンの初物なので、両親×2 に届けて、
朝は筍ごはんを炊きました。

「おいし~!」と言ってもらえたので、
クール便で長女のところにも送っちゃいます🎵

2017-04-20(Thu)
 

摘蕾!

新高開花しました!

17952940.jpg

今は豊水のつぼみを摘む「摘蕾(てきらい)」作業中です。

18010584.jpg

こんな風に先端の蕾を摘むと

18010486.jpg

花を咲かせることに貯蔵養分を使わない分
葉っぱがぐんぐん伸びていきます。

光合成が盛んになるこれからの時期に
葉っぱがしっかりと伸びていることが重要です。

梨の花、ぜーんぶ咲いたらすごく綺麗だと思います!

しかし、果実を大きく育てるために、
蕾を摘んだり、花が咲いたら花を摘んだり、
早め早めに一本の木に実る梨の数を調節していきます。

ひとつひとつの作業が
樹勢や果実の肥大に大きく関わってくるんですね。

この時期のがんばりで、今後の作業も楽になります。
ちょっと首が痛いけど、今ががんばりどき!

18010117.jpg

WORKMANで春物の作業着を一式購入🎵
作業服も衣替えをしました。

気持ちよーく作業しています(*^-^*)。

2017-04-17(Mon)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR